前へ
次へ

昔と今の結婚する時期の違いについて

年々、世代とともに結婚適齢期は遅くなってきています。
昔は20代前半で結婚する人も多かったですが、最近では30代で結婚する人が多いです。
その理由として考えられるのは、たくさんの選択肢が増えて結婚以外にもすることがたくさんあるという意見です。
女性も仕事のキャリアを積む人や、一人で海外旅行を楽しむ人もいて結婚だけにとらわれることがありません。
むしろ、こういった時間が楽しいため、結婚をしたくないという人までいます。
男性も、一人の気ままな時間を楽しむ人は少なくないです。
結婚に縛られることなく、たくさんのアクティビティで楽しむことができるのは良いです。
そして、ある程度、人生を自由に楽しんだ後に、良い伴侶を見つけて結婚するという人も多いです。
全く、結婚したくないということではなく、それが先送りになっているといった方が良いかもしれません。
女性の初産の年齢も年々、遅くなってきているのが実情です。
これは、女性の意識もそうですが医療の進化により可能になったとも言えます。

Page Top